眼抗加齢医学研究会
研究会について
設立目的と活動計画
会則 世話人紹介
加齢に伴う疾患への対応
加齢黄斑変性について
老眼コンタクト処方について
モノビジョンとは
会員の皆様へ
セミナー情報
関連サイトリンク
お問合せ
入会登録のご案内
入会登録お申込
会則

 


【総則】

第1条
本会は眼抗加齢医学研究会と称する。

第2条
本会は事務局を東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学病院 眼科におく。

第3条
本会は眼科領域での加齢・老化現象について、これを軽減、修復、防止するための方策を基礎科学的ならびに臨床医学的に、研究・調査・追及し、眼科領域における抗加齢医学研究および正しい医療の開発・推進・発展に寄与することを目的とする。


【事業】

第4条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。

 1)学術集会・講習会の開催
 2)眼科領域の抗加齢医学に関する最新情報の交換
 3)眼科領域の抗加齢医学に関する研究や講習会への助成
 4)その他本会の目的達成に必要な事業


【会員】

第5条
本会の会員は日本抗加齢医学会の会員で、本会の目的へ賛同する眼科専門医または企業。入会には事務局または世話人会の承認を必要とする。
第5条2.会員の種類は次の2つとする

1. 正会員
2. 賛助会員


【会員の義務】

第6条
会員は、会費を納入しなければならない。また年に1回以上の学術集会に参加しなければならない。


【会員の権利】

第7条
会員は次の権利を有する。

 1)本会の学術集会に出席することができる。
 2)眼科領域の抗加齢医学に関する最新情報を入手することができる。


【役員】

第8条
本会には次の役員をおく。

 1)世話人代表を1名おく。世話人代表は世話人の互選による。
 2)世話人  若干名


【会議】

第9条
本会の会議は世話人会をもって構成し、議長は世話人代表とする。


【世話人会】

第10条
世話人会では、下記の項目を検討し、報告しなければならない。

 1)予算を含む年度事業計画の承認
 2)決算を含む年度事業報告の承認


【学術集会】

第11条
本会は年に1回学術集会を学術集会会長の主催のもとに開催する。


【会計】

第12条
本会の会計は会費、寄付金およびその他の収入をもって処理する。


【会計年度】

第13条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日で終わる。


【規則の変更】

第14条
本規則は世話人会および総会の議を経て変更することができる。

【付則】

 1)本規則は平成 17 年11月1日から施行する。
 2)年会費は次のとおりとし、平成 18年4月1日から施行する。

正会員
0 円
 
賛助会員
入会金  100,000円
 
 
年会費  200,000円
 

 

  3)役員名簿


代表世話人
坪田 一男 慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授
   
世話人
飯田 知弘 東京女子医科大学眼科 主任教授
石田 晋 北海道大学大学院医学研究科眼科学分野 教授
大野 重昭 北海道大学大学院医学研究科眼科学分野 名誉教授
大橋 裕一 愛媛大学医学部 眼科学教室 教授
木下 茂 京都府立医科大学眼科学教室 教授
黒坂 大次郎 岩手医科大学眼科学講座 教授
高村 悦子 東京女子医科大学 眼科 臨床教授
張野 正誉 はりの眼科 院長
増田 寛次郎 日本赤十字社医療センター 名誉院長
山本 哲也 岐阜大学医学部眼科学教室 教授
湯澤 美都子 日本大学医学部視覚科学系眼科学分野 主任教授
米谷 新 埼玉医科大学眼科学教室 主任教授
中澤 徹 東北大学医学部眼科学教室 教授
谷戸 正樹 島根大学医学部眼科学講座 講師
北市 伸義 北海道医療大学個体差医療科学センター眼科学系 教授
     
事務局長
小沢 洋子 慶應義塾大学医学部 眼科学教室 専任講師
川北 哲也 慶應義塾大学医学部 眼科学教室 専任講師

 
Copyright (C) 眼抗加齢医学研究会. All Rights Reserved.