Google

サイト内で検索  WEB全体から検索
小 中 大 文字のサイズ
Home > 抗加齢医療について相談したい
抗加齢医療について相談したい

老化を予防し、健康長寿を目指すための生活習慣の改善から
食事・運動・ストレスマネジメントを中心に専門分野の中で、
抗加齢医学を実践している医師、医療従事者が増えています。

日本抗加齢医学会では、専門医・指導士認定制度、
認定医療施設制度
を設置し、
抗加齢医学(アンチエイジング医学)の普及を目指しています。
抗加齢医学(アンチエイジング医学)を目指し、生活習慣の改善、
ライフスタイルの見直しを求め、健康長寿のために老化を予防し、
抗加齢医学(アンチエイジング医学)に基づいた指導、
アンチエイジングドックや抗加齢ドックを受ける場合にも、
資格取得者をご参考頂くことをお勧めいたします。

 

専門医とは、日本医学会分科会において専門分野での専門医・認定医の資格を取得している医師か、日本歯科医学会の専門分科会に所属している歯科医師が、日本抗加齢医学会の認定する研修会、学術集会で抗加齢医学(アンチエイジング医学)の知識を十分に習得し、筆記試験において合格された方となります。また、資格は3年ごとの更新となりますので、常にアップデートな情報・知識の習得と実践を求められております。 

 

指導士とは、医療・福祉に関する国家資格を取得されている方が、日本抗加齢医学会の認定する研修会、学術集会で抗加齢医学(アンチエイジング医学)の知識を十分に習得し、筆記試験において合格された方となります。
また、資格は3年ごとの更新となりますので、常にアップデートな情報・知識の習得と実践を求められております。
栄養・運動の指導においては、各専門分野からアプローチできます。 

 

認定医療施設とは、日本抗加齢医学会専門医が2名以上、もしくは日本抗加齢医学会専門医1名、指導士1名が常勤しており、受診者がいつでも抗加齢医学(アンチエイジング医学)を、享受でき、適切な指導を受けられる施設となっております。 

▲PAGE TOP