日本抗加齢医学会 WEBメディアセミナー

報道関係各位

一般社団法人 日本抗加齢医学会は、6月18日(木)に、報道関係者に向けて「日本抗加齢医学会 メディアセミナー」を、WEBで開催します。
出欠の回答は、以下オンラインまたは、PDFから回答書をダウンロードし、メール添付またはFAXで6月15日までにお願い申し上げます。
ご多忙の折とは存じますが、ご取材賜りますようお願い申し上げます。


謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

一般社団法人 日本抗加齢医学会は、6月18日(木)に、「日本抗加齢医学会 WEBメディアセミナー」を、開催します。
出欠の回答は、以下オンラインまたは、PDFから回答書をダウンロードし、メール添付またはFAXで6月15日までにお願い申し上げます。
ご多忙の折とは存じますが、ご取材賜りますようお願い申し上げます。

◆オンライン申し込み
https://www.anti-aging.gr.jp/ci/anketo200618

◆FAX申し込み
https://www.anti-aging.gr.jp/ci/dl/200605/media_s0618.pdf

◆学会誌6月号 緊急企画 COVID-19 対策 号の送付をご希望の場合お申込みください。
https://www.anti-aging.gr.jp/ci/anketo1

1:COVID-19ワクチン開発の話題
森下 竜一 (大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授)
2:第20回日本抗加齢医学会トピックス
南野 徹 (新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科学 教授)
3:Stay Homeのアンチエイジング
堀江重郎 (順天堂大学大学院医学系研究科泌尿器外科学教授)
4:第2回ヘルスケアベンチャー大賞について
福田 伸生 ヘルスケアベンチャー大賞事務協


● 日 時 :
6月18日(木)16:00~18:15(受付開始15:30)

● 会 場 :
WEB(後日参加の皆さまにURLをお送りします。)

● 問合せ : <本件に関するお問い合わせ先>
日本抗加齢医学会 広報委員会事務局 担当:中村
TEL:03-5651-7500
e-mail:pr@anti-aging.gr.jp


16:00~16:05 開会のご挨拶
中神 啓徳
(大阪大学大学院医学研究科 健康発達医学寄付講座 教授/日本抗加齢医学会 理事 広報委員会委員長)


16:05~16:35 講演1:COVID-19 ワクチン開発の話題
森下 竜一
(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授)

厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチンを2021年前半から順次国民に摂取を開始できるよう、生産体制の整備など、目標を発表しました。世界では、10種類のワクチンの臨床試験が始まっており、国内企業に夏から始まる予定だ。国内でのワクチン開発も気になるところだ。連日、メディアに登場している、大阪大学の森下先生は、当学会の副理事長であり。ぜひたっぷりと、ワクチン開発の話題を聞いていただければ幸いです。2021年東京五輪、パラリンピック前に間に合うのか?

16:35~16:45 質疑応答

16:45~17:15 講演2:第20回日本抗加齢医学会総会の見どころ
南野 徹
(新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科教授)

COVID-19 の影響下、多くの学会が開催の延期、中止を余儀なくされています。本学会も、当初予定の6月新潟開催は、開催を見送りました。と同時に学会活動を継続することを確認し、本学会の特徴出し、新しい学会の形、アクティビティを図り開催を検討しました。この度、会場を東京に移し、9月25日(金)~27日(日)ライブ配信、オンタイム配信、オンデマンド配信とWEBを活用した、総会を開催することとなりました。
今回の総会では、本学会が「サイエンスに基づいた抗加齢医学の発展を目指す」ことを「新潟宣言」として宣誓したいと考えています。その糸口として本総会では、カロリー制限など基礎的エビデンスのある食事療法に関する臨床的エビデンスやサプリ・食品などの有効性に関する科学的エビデンスなどについて、「Healthy Agingのための学会ステートメント作成」を目指す企画を計画しています。また、「科学的根拠に基づくアンチエイジング治療開発のロードマップ」について、パネルディスカッションを行うことで、さらなるイノベーションに繋げていきたいと考えています。また、「Beyond 人生100年時代」に向けてどの様な抗加齢医学の展開が期待されるのか議論できる様な企画も計画しています。

17:15~17:25 質疑応答

17:25~17:55 講演3:Stay Homeのアンチエイジング
堀江 重郎
(順天堂大学大学院医学系研究科泌尿器外科学教授)

stay homeで鬱が増えているという報道を目にします。また海外では、海や公園へ大挙して訪れている報道もされています。
stay home期間がわれわれの健康にどう作用しているか、アンチエイジング医学の観点から考えます。


17:55~18:05 質疑応答

18:05~18:15 第2回ヘルスケアベンチャー大賞のご案内
福田 伸生
(ヘルスケアベンチャー大賞事務局、バイオ・サイト・キャピタル(株))

高齢化率が高まる中、健康長寿社会の形成が必須であり、健康を科学する「抗加齢(アンチエイジング)」の重要性がますます高まっている。2019年より、アンチエイジングに資する革新的な技術やサービスを実用化しているベンチャーや起業家を対象として、表彰制度を設け、昨年第1回イノベーション大賞を実施した。2020年も、第2回イノベーション大賞を実施している。COVID-19 で世界は一辺した。業種や業態をこえて、企業・組織はイノベーションなくしては未来なしの状況だ。
ウィズ・コロナ。アフター・コロナで社会どのようなサービス、技術を求めるのか。新しいアイデアに期待したい。

18:15~ 閉会のあいさつ


2019年度第2回メディアセミナー(2019年11月25日(月))

2019年度第1回メディアセミナー②(2019年5月27日(月))

2019年度第1回メディアセミナー①(2019年5月27日(月))

2018年度第4回メディアセミナー②(2019年2月18日(月))

2018年度第4回メディアセミナー①(2019年2月18日(月))

2018年度第3回メディアセミナー②(2019年1月21日(月))

2018年度第3回メディアセミナー①(2019年1月21日(月))

2018.4.12第1回メディアセミナー開催報告(PDF)

2017.9.27第2回メディアセミナー開催報告(PDF)