販売内容 お申し込み方法 お支払い先

販売対象:日本抗加齢医学会会員様限定
販売価格:15,000円(税込)
著作・販売:日本抗加齢医学会


① お名前
② 会員I D
③ ご希望の媒体(microSDカード※アダプター付 もしくはUSBメモリー)
④枚数と合計金額
⑤お届け先ご住所(ご所属先の場合は、所属先名・部署名も)
⑥ご連絡先電話番号
⑦メールアドレス
⑧領収書ご入用の場合には、宛名・送付先。
以上を明記の上、FAXまたはE-mailにて日本抗加齢医学会事務局までお申込みください。
下記宛までお振込みをお願いいたします。
振込先:三井住友銀行 青山支店
普通:6835932
口座名:日本抗加齢医学会
  
(ニホンコウカレイイガクカイ)

*振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします。
*お振込み名義は、照合のため個人名もしくは会員IDをご入力ください。
お申込み先
FAX:03-5572-6801
E-mail:info@anti-aging.gr.jp

【ご注意】
microSDカードそのものを携帯に取り込んでも聴くことはできません。
携帯・音楽プレーヤー端末でお聞きなる場合は、メーカー、機種ごとに方法・専用ソフトは異なりますので、
ご利用のメーカーのHP、取扱説明書をご参考ください。

※下記プログラムは、音声収録・コンテンツ販売において座長・演者の先生方にご許可をいただいております。


特別講演
1.Genomic and epigenomic principles of cancer treatment
             Burzynski Stanislaw R. M.D.
招待講演
1.Roles of Mitochondria in Aging and Photo-Aging
    Jean Krutmann M.D.
2.UV-Induced DNA Damage, Photoaging, and the Role of Telomeres
    Barbara A. Gilchrest, M.D.
記念講演
『日本抗加齢医学会10周年の節目に』
    座長:吉川 敏一
    演者:渡邊 昌先生
会長講演
『皮膚の環境応答とアンチエイジング』
    座長:折茂 肇
    演者:市橋 正光先生
教育講演
1.加齢に伴う毛髪の変化
    座長:川島 眞
    演者:板見 智先生
2.目の衰えとその予防
    座長:笹森 典雄
    演者:木下 茂先生

シンポジウム1:「サプリメントの効果と課題 」
座長: 渡邊 昌先生、李 昌一先生
演者: 李 昌一先生 「電子スピン共鳴 (ESR) 法によるサプリメント抗酸化能評価の実際と臨床展開」
  金沢 和樹先生 「昆布キサントフィルのフコキサンチンと多糖フコイダンの安全性と多様な機能性」
  久保 明先生 『臨床領域のサプリメント』
  蒲原 聖可先生 サプリメントの適正使用に向けた研究と課題

シンポジウム2:「遺伝子、細胞制御と抗加齢」
座長: 坪田 一男先生 、白澤 卓二先生
演者: 佐野 元昭先生 「ホルミシス効果による心筋抗酸化ストレス応答」
  道下 江利子先生 「長寿遺伝子SIRT6によるクロマチンの調節と老化制御」 

シンポジウム3:「運動とアンチエイジング-基礎-:運動による身心への有益な効果」
座長: 田中 宏暁先生、征矢 英昭先生
演者: 西田 裕一郎先生 「高齢者の骨格筋遺伝子発現の特徴とトレーニング効果」
  町田 修一先生 「サルコペニア発症の分子メカニズムとその抑制策としての運動の有用性」
  家光 素行先生 「高齢期からの運動による心臓・血管へのアンチエイジング効果と分子機序」
  征矢 英昭先生 「低強度運動による認知機能改善効果を担う分子機構」

シンポジウム4:「日常食で健康長寿は可能か?-食とアンチエイジング-」
座長: 家森 幸男先生、門脇 孝先生
演者: 門脇 孝先生 「食とアンチエイジング―長寿遺伝子を活性化する!」
  上島 弘嗣先生 「高血圧・脳卒中にならない食生活-日本の疫学データからみた最適の栄養-」

シンポジウム5:「免疫と老化の最前線」
座長: 山田 秀和先生、斎藤 一郎先生
演者: 宇野 賀津子先生 「未病先防:インターフェロン・サイトカインシステム測定の有用性」
  湊 長博先生 「免疫系の老化とガン免疫監視」

シンポジウム6:「東洋医学によるアプローチ」
座長: 渡辺 賢治先生、三谷 和男先生
演者: 中島 正光先生 「漢方診療におけるアンチエージング」
  今西 二郎先生 「鍼治療およびアロマセラピーによる認知症対策」
  西田 愼二先生 「男性更年期外来患者の漢方治療」

シンポジウム7:「Inside Out, Outside Inから見たアンチエイジング-感覚器の老化とその予防-」
座長: 市橋 正光先生、木下 茂先生  
演者: 坪田 一男先生 「アンチエイジング医学による眼疾病治療戦略」
  中島 務先生 「加齢による難聴の危険因子と予防策」
  高森 建二先生 かゆみを科学するー難治性かゆみのメカニズムと紫外線療法

シンポジウム8:「GH・エストロゲン・メラトニンの意義」
座長: 服部 淳彦先生、太田 博明先生
演者: 大山 健司先生 「成長ホルモンと身体成熟、寿命」
  太田 博明先生 「高齢者におけるエストロゲン療法の可否」
  西田 滋先生
「メラトニンと糖質・脂質代謝」

シンポジウム9:「脳の老化と栄養」
座長: 植木 彰先生、三木 哲郎先生
演者: 伊賀瀬 道也先生 「立位動揺性と脳萎縮・認知機能障害との関連性」
  溝口 徹先生 「脳の機能改善と栄養」
  大櫛 陽一先生 「脳はエネルギー源として糖質よりケトン体を好む」

シンポジウム10:「男性ホルモン研究最前線 今年の話題」
座長: 堀江 重郎先生、秋下 雅弘 先生
演者: 秋下 雅弘先生 「アンドロゲンによるeNOS活性化機構」
  蘆田 健二先生 「DHEA補充療法」
  佐藤 幸治先生 「DHEA(dehydroepiandrosterone)と骨格筋糖代謝活性」
  辻村 晃先生 「性興奮の性差」
  堀江 重郎先生 「テストステロンとQOL」

シンポジウム11:「脳神経のアンチエイジング:脳の活性化を考える」
座長: 柿木 隆介先生、有田 秀穂先生
演者: 柿木 隆介先生 「噛む事が脳に与える影響:P300を用いた研究」
  山口 晴保先生 「認知症の脳活性化リハビリテーション~認知症でも能力を発揮して笑顔に」
  有田 秀穂先生 「セロトニン神経の活性化とアンチエイジング」

シンポジウム12:「ミトコンドリアから探るアンチエイジング」
座長: 山本 順寛先生、馬嶋 秀行先生
演者: 田中 雅嗣先生 「高齢期におけるマイトペーニアをいかに補完するか」
  井上 正康先生 「活性酸素代謝から診たミトコンドリアの光と陰 Free Radical Theory of Life, Aging and Death」
  山本 順寛先生 「コエンザイムQ10結合タンパク質とミトコンドリア機能」
  馬嶋 秀行先生 「ミトコンドリアDNA障害と酸化ストレス」

シンポジウム13:「加齢関連疾患におけるAGEsの意義」
座長: 米井 嘉一先生、永井 竜児先生
演者: 森 建文先生 「腎疾患におけるアンチエイジングのパラダイムシフトとAGEの役割」
  山本 靖彦先生 「AGE受容体RAGEの役割とは」
  加治 優一先生 「加齢黄斑変性症の発症における蛋白糖化最終産物と右手型アミノ酸」
  永井 竜児先生 「アンチエイジングを目指したAGE生成阻害剤の開発を目指して」

シンポジウム14:「血管のアンチエイジング- 血管から老いないために」
座長: 渡邊 剛先生、中村 文隆先生
演者: 横手 幸太郎先生 「早老症から学ぶ血管のアンチエイジング」
  大田 秀隆先生 「スタチンによるSIRT1/eNOSを介した血管老化抑制機構」
  小川 智弘先生 「静脈の老化と疾患について」
  大竹 裕志先生 「動脈の老化をふせぐ -外科医の挑戦-」

シンポジウム15:「アンチエイジングを強める運動療法」
座長: 宮崎 滋先生 、田中 繁宏先生
演者: 内藤 義彦先生 「社会的老化を防ぐ健康づくり活動の方向性」
  木村 穣先生 「アンチエイジング運動療法の実践と評価」
  石井 好二郎先生 「運動はなぜアンチエイジングに有効なのか」

シンポジウム16:「見た目のアンチエイジング(1) 顔面の老化度評価と予防」
座長: 大慈弥 裕之先生、川島 眞先生
演者: 山田 秀和先生 「見た目のアンチエイジングのための皮膚老化度評価法」
  荒金 久美先生 「眼瞼の老化度評価法」
  中里雅光先生 「サンスクリーンの機能評価と効果」
  白澤 卓二先生 「食で老化の予防は可能か?」

シンポジウム17:「見た目のアンチエイジング(2) 顔と体の老化対策」
座長: 山下 理絵先生、吉村 浩太郎先生
演者: 山下 理絵先生 「美容医学でのアンチエイジング治療:UP DATE」
  目崎 高広先生 「ボツリヌス毒素製剤の臨床応用」
  篠崎 彰大先生 「加齢で生じる見た目の体型変化」

What's New 2010
1.長寿遺伝子Sirt1と血管の老化
    大内 尉義先生
 
2.再生治療の実際:血管再生遺伝子治療薬HGFの開発   
    森下 竜一先生
 
3.医眠同源
    神山 潤先生
 
4.ビタミンD欠乏症の最近の話題:紫外線防御とのバランスを考える
    依藤 亨先生
 
5.神経イメージング手法を用いたヒトの痛覚認知機構:特に心の痛みについて   
    柿木 隆介先生
 
6.ここまで進んだ老眼治療
    坪田 一男先生
 

↑Top